亡くなった親父にまだ世話になっている気がします

7月18日
先日細い道で鋭角に切り返しているときに
対向車が止まらないで突っ込んできました・・・
仕方がないのでバックしたところ、縁石にバンパーがガリッと当たりました

当たりどころが悪く、リヤライトもめり込んでました

板金塗装もも必要なので多少は高額だと思ったのですが
ディーラーで見積をしてもらってビックリ!!!
値段もですが、代車を用意できるのが8月の半ばで、お盆休みが入るから修理はそれからだと言われました

なんでそんなにサービスが悪いのかと聞くと
「認定工場できっちりと修理するので時間はかかるけれど完璧です」
といわれました

まあ、ディーラーの担当者に文句を言ってもはじまりませんが
認定工場の技術が最高だから待っても当然といいくるめようとしてもそうは問屋がおろしません

認定医の資格があっても上手い歯科医師とは限らないように
認定工場の名前があっても、イマイチなことも絶対あるはずです

そんな知らない修理工場に修理してもらうより
知り合いの名人に修理してもらうほうがいいのではと思い
「ディーラー指定で修理しなくても保証は継続できますか?」と聞くと
修理部位以外はOKみたいでした
もちろん修理部位は修理した工場に保証してもらいます

なぜ、良い修理工場を探すアテがあるかというと
亡くなった親父は保険会社のアジャスターをしていたので
関西一円の修理工場との付き合いがとありました


僕も若い頃、単車や車の修理を親父おすすめの工場で行ってもらってました
どこも小さな町工場なのですが、ベンツ、BMW、ポルシェがゴロゴロしてました
親父に聞くと、他の修理工場から持ち込まれてくるとのこと・・・

そんな社長に「あんた昔はバイクのレーサーしてたやろ、息子のバイク修理したってくれ
と、ヤマハのDTという小さな単車を押し付ける親父の厚かましさにも閉口しましたが、社長も嫌な顔ひとつしないで、いつも近所の喫茶店からアイスコーヒーを頼んで飲ませてくれたのを思い出します。

余談ですが腕の良い修理工場の社長たちは基本的にぶっきらぼうなのですが、
みんな人間的になかなかの人物ばかりであったことを思い出しました

今回は、これまた、親父の紹介で昔からお世話になっている保険代理店の方に
「車の修理をしたいけど8月いっぱいかかると言われて困っている」と連絡すると
「腕の良い認定工場を何件か知ってるので、相談して折り返し連絡します」と電話を切った数時間後には代車を持って、修理工場の方と現れました

この修理工場も40年近く続いている老舗なので、おそらく亡くなった親父も仕事でお世話になったことがあるはずです
結局、修理工場と保険会社で相談してもらって、僕が一番損をしない方法で修理してもらうことにしました

亡くなった親父は、近所の人の自動車事故の処理をボランティアみたいに行ってました
みんな喜んで挨拶に来てました
同じように、親父の知り合いの方々に僕も助けてもらうことになるとは・・・

「人が先、自分は後」と家族よりも他人の世話ばかりしていた親父でしたが
人との縁は大切にしておくべきだと教えられた気がしました