スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衛生士追加募集

4月23日
歯科医院は各々治療のやり方が違いますし
器具、材料の置き場所も全く違います
ということで、移籍してくれた衛生士が当院のシステムに慣れるまでにはやはり数ヶ月必要でした

今までの歯科医院では「患者の口腔内清掃は15分以内厳守」と言われていたのに
タナカデンタルクリニックでは「手間ひまかけて徹底的に清掃しなさい」と指導されます
ついつい今までの診療所の癖が出る度に僕に怒られることになります・・・

そのため、体に染み付いた癖を抜くためにはやはり数ヶ月が必要だと思っていたのですが
今年採用した2名は若いので、吸収のスピードが早く
特に今時の若者なので、コンピューターの操作をすぐに覚えてくれるのは嬉しい誤算でした!

臨床で使用する器具に関しては
ひたすら相互実習をさせて
僕の口腔内を触らせて最終チェックを繰り返しています
彼女たちもできなかったことができて、日々成長していることが実感できて楽しいこと思います

彼女たちを特訓していて思ったのが
タナカデンタルでは採用しても完全に戦力になるのは数ヶ月後なので
何かのときのために後1名採用しておこうということです

当院は顧問弁護士が就業規則を作成してくれており、契約もキッチリとしてます
基本的には週休3日(週32時間労働)で他の歯科医院と同等以上の給与があり
衛生士の勤務条件としては破格であると社労士および税理士からお墨付きをいただいてます

ということで
知り合いに素直でやる気のある衛生士がいたら
ご紹介いただければ幸いです


スポンサーサイト

新入社員歓迎会(写真を撮り忘れました)

4月11日
春から入社したスタッフの歓迎会を
おなじみの琵琶湖畔のフレンチレストラン「ル・ポアンドゥ・ヴュ」で行いました。
このお店は桜に囲まれているので、満開のときは非常にきれいなのです

例年、一番美しいと思われる時期に合わせて予約を取っていたのですが、
今年の開花は早すぎて、すでに花びらの影もありませんでした・・・

しかし、さくらフェアということで
桜をテーマにしたコース料理でした

デザートも丸いボールに温かいソースをかけてもらうと
とろっと溶けて、花びら型に溶けていくという凝ったものでした

近江牛の肉料理を相変わらず美味しく
特にソースは安定した美味しさでした

ウルフギャングよりこちらの方が個人的には好きです

いつも、お世話になっている杉本シェフから
「今日はさくらフェアなので統一料理でしたが、次回はご希望に合わせて腕をふるいます
と嬉しいお言葉をいただきました

新しい店にも食べに行くのですが
馴染んだ店でサービスをうける気楽さに勝るものはありません

「ル・ポアンドゥ・ヴュ」とクリスマスシーズンの「ラ・ベ」がタナカデンタルクリニックのスタッフのお気に入りです

数センチの差がなかなか埋められないんだなあ〜

4月9日
新入社員も1周間が過ぎたので、ある程度は当院の器材に慣れたことでしょう。
ということで、とりあえず僕のアシストの練習をしてもらいました。
手際もよくなり、安全な受け渡しもできているのですが・・・

実際にアシストしてもらうと
微妙にイライラします

先輩に代わってもらうと
これこれ!といった安定感があります

バキュームの位置がほんの数センチ、もしかしたら数ミリ違うだけで
歯が削りやすくなります
根管の消毒がやりやすくなります
患者さんも楽に治療を受けることができます

数センチの差を埋めるには、必死でトレーニングする必要があります
その差が、一流と二流の違いです
小さいけど、非常に大きな差です


とんでもない歯科医院もあるなあ〜

4月2日
当院の矯正担当医から少し怒り気味のメールが有りました

知り合いの女性が外傷で前歯を折って近医を受診したが
1ヶ月間折れたままで放置されただけでなく、「花粉症の時期なのでマスクができてよかったね」といわれた
②「1本だけの治療では食事ですぐにとれるから、隣の歯も含めて2本治療しないといけない」といわれた

どうもおかしいので一度診てほしいとのこと

本日来院されて診ましたが・・・
通院しているのに写真の状態で1ヶ月放置されてました
破折

矯正担当医いわく「ホームページだけ見たら名医かなと勘違いしそうになる」とのこと
名医どころか、仮歯も作ることができないとは・・・

熟成肉はもういいわ〜

3月21日
今月は色々と雑用が有り、休日もなく働いております。
今週の日曜日も、朝から歯周病治療についてのセミナーがあり
衛生士の真紀ちゃんと出席してました
勉強後、せっかく梅田まで出てきたので、何か美味しいものを食べようと思い
色々と考えました

結論としては、熟成肉を食べてみようと思いました
アメリカではピータールーガーという熟成肉で超有名なお店が有ります
弟がアメリカにいたので、遊びに行ったらぜひとも予約をと考えていましたが、
今年に入って日本に帰国したようなので機会を逸してしまいました

日本では、ピータールーガーで何十年も働いていたスタッフが独立して開業したウルフギャングが梅田に店を出しております。
ということでウルフギャングに行こうと思いました
開業当時は予約が取りにくかったようですが、今回はあっさりと予約できました

店内にはいい匂いが漂っており
前菜の牡蠣をいただきながら待っていると
でかい肉が来ました

骨の向こうがフィレでこちらがサーロインと説明がありました

食べてみると・・・
美味しいのですが、絶賛するほどではありません

なんか胃もたれしてきて、付け合せのポテトも残してしまいました
翌日の夕方に真紀ちゃんも「なんか胃が変な感じ」といってました

マスコミは熟成肉を煽りすぎですな
もう熟成肉はいいわ〜


ということで週末のスタッフミーティングは
タレの美味しい焼肉屋で開催することにしました
日本人はこちらのほうが好きな人多いと思うけどな〜

SRPハンズオンセミナー終了

3月12日
昨日の日曜日に、休日にも関わらず、
当院の衛生士たちが歯石除去・根面清掃のセミナーに参加してくれてました。
前回は理論編で、今回は実習がメインだったようです。

本音を言うと、当院の衛生士たちの技術は
セミナーで指導をしてくれた衛生士と比べて遜色ないと思います

というのも、そのセミナーを主催している歯科医院出身の衛生士を雇ったことがありますが・・・
まあその衛生士だけができが悪かったのだとは思いますけど・・・

ただ、技術の理論的な裏付けを知るいい機会にはなったと思います。
参加して「えっ、私って結構レベルの高い衛生士だったんや〜」と自信になったかもしれません。

繰り返しますが
当院の衛生士の技術はかなり高いと思います
なぜなら、うるさいと思われながらも
いつもチェックしてダメ出ししているからです

うれしいこと

3月5日
玲奈ちゃんが、一生懸命器具を研磨してくれていた
真紀ちゃんが、急患に手を取られている僕に代わって補綴物の調整をしてくれていた
本当に助かりました

やってほしいことをやってくれるととてもうれしいです

歯石を取るときに一番大事なこと

2月25日
仮歯の作り直しで時々来院される子役のお嬢さん
映画出演がきまったとのこと
おめでとうございます

さて、週末の夜に急遽用事ができて、
心斎橋オオタニデンタルクリニックの大谷先生とお茶することになりました。
重要な話が終わって雑談をしていたときに、お互いのクリニックの衛生士の仕事についての話題になりました。

オオタニデンタルはインプラント専門のクリニックなので
衛生士もかなりのところまで手伝っています
そしてレベルが高いので、新人の歯科医師を教育してくれるとのこと・・・

当院も治療患者さんの予約が満員で取りにくいので
型をとったり仮歯を作ったりすることを衛生士に手伝ってもらい、
その時間を治療時間に回すように考えていきたいと思います

さて、オオタニデンタルの衛生士はインプラント治療の補助が得意ですが
タナカデンタルクリニックの衛生士は歯周病治療および予防が得意分野です

当院の衛生士に何度も何度も言うことは
歯石を取るときにいちばん大事なのは、道具の研磨だということ

研磨さえできていたら仕事の8割は成功したと思ってもいいくらいです

しかし、色々な衛生士セミナーに参加し、衛生士の本も読みましたが
ポジショニングだの腕の動かし方だの優先順位の低いことばかり強調されています
もうしわけないけど、それでは歯石はとれないで〜

武士の刀と同じで、研ぎ澄まされていないと
いくら技術が高くてもダメダメです

ということで、当院の衛生士は山盛りのスケーラーを日々研磨してくれています

それでも研磨不足の道具に2本連続で当たってしまい
ついついキツく注意してしまいました

めげずにコツコツと研磨し続けてください

写真に写っているスケーラーは2種類だけです
全部で10種類(歯の部位によって使い分けます)をこえるスケーラーがあるので研磨も大変です
これだけ道具をそろえているので他の歯科医院より歯石除去の精度が高いのだと思います


研磨スケーラー


先んずれば人を制す

2月18日

日本電産の社長が交代したというニュースがありました。
約10年近く前だと思いますが、退任された永守重信氏の講演CDを聞く機会があり、
これがとても面白かった記憶があります。

お母様との約束を果たすために、元旦の午前中以外は働き続けているとのこと・・・
こんなモーレツ社長なら社員も大変そうですが、
ユーモアのある人柄、思いやりのある人柄にひかれた社員たちが親分のために頑張りまくって
モーターに関しては世界一の会社になったようです

使いみちがわからない税金を払うくらいなら、教育に使いたいと個人資産を何百億も大学に寄付したり
親族は経営に参加させないということを徹底させたり
これほど金銭欲のない人物はなかなかいないと感心しました

その永守氏ができる社員とできない社員の見分け方として言っておられた言葉に
「社員の出勤時間の遅い会社はいくら指導しても良くならない」
「データを取ると出勤の遅い人間は仕事の成績も悪い」
「出勤時間ぎりぎりになって寝惚け顔で会社に飛び込んでくるような人は、まずいい仕事をしていない」

とあります

実際に、日本電産では入社試験時に、早く来た者から採用したこともあるそうです

なぜ出勤時間が早いのがいいのかという理由は、すべて”心の余裕”である
わずかでも余裕があれば、行動を起こす前にもう一度考えてみることができるが、このゆとりがなく、いつもギリギリの状態で物事を勧めていると小さなミスが積み重なり、あらゆることがルーズになって、それが当たり前になってしまうのです。

当院のスタッフは始業15分前には来ているようなので安心ですが、ギリギリに飛び込んでくるようになったら、注意しなくてはいけないと思いました

「先んずれば人を制す」
何事もドンドン前倒しで片付けていくことが成功の秘訣なのでしょう

バレンタインデー

2月14日
もう10年以上前から使用していたBOSEの安いスピーカーと、そこに接続していたDVD&CDプレーヤーが壊れました。
歳をとって耳も悪くなってきたのか、お風呂で使用しているこれまた安いBluetoothのスピーカーは聞き取りにくいことが有ります。
ということで少しちゃんとしたBluetoothスピーカーをネットで探してみると、Bang & Olufsenの Beoplay A2 がAmazonで2万円を切っています。
もちろん型遅れのものですが、定価が4万円くらいだったので激安です
・タイムサービスか?
・怪しい出店者からの出品か?
と調べると、Amazonからの出品なのでまあ大丈夫だろうと考えて購入しました
すると半日くらいで届きました・・・Amazon恐るべし
ちなみに価格は数時間後にはまた上昇していたので、ピンポイントで良い時間帯で購入できました
ラッキー!


ということでご機嫌な1日を過ごしているとスタッフたちから
「院長はいつも寒い寒いと言いながら、手袋無しで自転車通勤してるから」
バレンタインデーのプレゼントに高級手袋をいただきました・・・
4人の愛がこもっているので温かいと思います

早速、使用させて頂きましたが、4人の愛もですがシンサレートが入っているから保温も抜群です
手袋を持ってないのをよく見てたなあ〜

スタッフバレンタイン

家の自室で仕事をしていると
突然娘が入ってきて「はい」とバレンタインのお菓子をくれました
パティシエール希望の娘は数日前からいろんな形のクッキーを多量に焼いてました
焼きあがったクッキーにはそれぞれデコレーションもしてました
50人以上に渡すとのことでバタバタしてましたが
一段落したのか僕にもおこぼれが回ってきました
ありがとう

みあばれんたいん

ということでラッキーなことが重なった、よいバレンタインデーでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。