金属不使用の白い歯(保険でも条件付きで可能です)

5月26日
大臼歯を白くしたいと希望される方は多いのですが、保険では無理でした。
しかし、CAD・CAMの技術が飛躍的に進歩したため、硬い樹脂を削り出して作製した補綴物が条件付きで保険適応されることになりました。

CAD・CAMによる補綴物は自費としては以前からあります
「1日で被せ物まで作ります」と宣伝していた歯科医院はこの方法で作製していました
ただ、そのころは精度がめちゃくちゃ悪かったので食わず嫌いで無視してました

知り合いの技工士から「かなり精度が良くなった」との情報があったので、実際に作ってもらうと
確かに適合はほぼ問題ない事がわかりました

ただ、咬合面(かみ合わせの面)形態が何となく???だったので質問すると
かみ合わせの面も多量のデータを参考にしてコンピューターがデザインしているとのことでした

なるほど、コンピューターのデザインなので少しぎこちないところがあったのかと納得しました

そこをなんとかできないかと相談したところ、人間がデザインしたものをスキャンして修正できるとのこと
早速、試作してもらうとバッチリでした

この半年ほどで100本近くセットしてきましたが
いまのところ、割れたり外れたりした例はありません
ということで、条件が揃えばすべてCAD・CAM冠をセットするのですが
患者さんも大喜びされます

やはり白い歯はいいですね

ちなみに保険で白い大臼歯を入れることができる条件は
・第2大臼歯が全てある口腔内の、下顎第1大臼歯
・金属アレルギーの診断書があれば他の大臼歯も可能
です

下の奥から2番めの歯を削ってます
色見本と一緒に撮影して技工所で適切な色で補綴物を作製してもらいます

CADCAM.jpg