20年間付き合いのある技工士に教えてもらって鮎釣りデビュー

6月25日
20年前に小浜島での離島診療で1ヶ月間一緒に暮らしたイケメン技工士、ホリカワ君。
彼がドンドン成長して、今はタナカデンタルの自費治療の補綴物を作製してくれています。

ホリカワ君から鮎釣りに誘ってもらってたのですが、
釣り好きの友人たちが「鮎だけはハマったら金がかかりすぎるから要注意や」と誰も手を出していません。

確かに、鮎釣りの竿は平均9mと長く、価格も30万円以上する上に(安いのもあるのですが重すぎるらしいです)
その他の装備も沢山必要なので、初心者にはハードルが高すぎます

しかし、ホリカワ君が「全部そろえておくから、現地に手ぶらで来てください」と言ってくれます
さらに、「昼は、宍粟牛で焼き肉しましょう。まじで美味いっすよ〜」と甘いお言葉・・・

これは行くしかないと、日曜日の早朝に手ぶらで(一応クーラーボックスは持っていきました)現地に行くと、
ホリカワ君は前日から泊まり込んで、ベストな釣り場を確保してくれていました。

ホリカワ君の付きっきりの指導のおかげで、なんとか釣れるようになりました
かなり面白い釣りなので、一日中釣ってたら腕時計の型が日焼けでついてしまいました

結局、初心者の僕でも7〜8匹釣ることができました。
もちろん、ホリカワ君は僕の面倒を見て、宍粟牛を買いに行って、バーベキューの用意をしながらも20匹近く釣ってたと思います。

日も暮れかけて来たので、まずい養殖の鮎は放流して、天然の鮎と彼が判断したものを山分けしてもらいました。

帰宅して弱火でこんがりと塩焼きにした鮎は、絶品でした。

新しい体験をさせてくれたホリカワ君ありがとう。


20年前に石垣空港で撮影したホリカワ君と僕

鮎掛け