当院の若者は問題なし

7月6日

後1名衛生士がが欲しいので募集をかけてますが、応募がありません
年明けから4月まではけっこう応募が合ったのですが
そのときは今の人数で行くつもりだったので断ってました

季節的なものがあるのかなあ?

と思ってたら
知り合いの先生から
「新卒の子にもう少し笑顔で対応するように指示したら、退職した・・・」とメールがありました
ただ、その先生の診療所は心斎橋なので、募集をかけたらすぐに3名応募が合ったそうです
(タナカデンタルは箕面ですが、夕方6時30分には自由になれるから、通勤時間を考えても楽なはずだとおもうけど、そして週休3日でおいしすぎるのに、なんで応募がないねん!)
←「おいしい条件すぎて、警戒されてるのかも〜(by玲奈ちゃん)」

しかし、「ちょっと注意しただけで最近の若い子はやめるのか?」と自分を振り返ると
この3ヶ月、若い子に厳しく注意したときに、涙がポロリとしていたのを思い出しました

不安になって当院の若者に「大丈夫?」と聞くと元気よく「大丈夫です!」と返事がありホットしました。
昨日はもう1人の若者も「大丈夫?」と聞いたら「私はこんな条件のよい歯科医院で働くことができて、すごく運がよかったと思ってます」と言ってくれました

お世辞でもうれしいです

ということで、心置きなくさらにビシビシと鍛えることにします
早速、人工歯石作製セットを渡しておきました

これでいつでも歯石除去の練習ができるで〜

歯石セット