今年も鱧と松茸の出会う季節がやってまいりました!

9月26日
夏の鱧、秋の松茸
この2つの味覚が重なる時期は少しです
京都でも9月末くらいまでは「鱧松」を出す料亭が多いかと思います

鱧と松茸が美味しくなるのは
出汁の力も大いに関係するのですが
ここ数年、タナカデンタルクリニックのスタッフの大好物は
「上質なコンソメで蒸し上げた鱧松」です


鍋の鱧松も美味しいのですが
手間ひまかけたコンソメで蒸し上げると・・・

美味しすぎて
どんぶりいっぱい、コンソメを飲み続けたいくらいです

ということで、
本日、スタッフ一同で年に一度の口福のお食事会に行ってまいりました

しかし、可哀想に若い奈々絵ちゃんが昨日から38℃の高熱でダウンして参加できませんでした
玲奈ちゃんも掛け持ちしている他の歯科医院の診療が休めないとのことで残念でした

料亭はいつもながらの滋賀のル・ポワン・ドゥ・ヴュ
杉本シェフにタナカデンタルスタッフの大好物をリクエストしたスペシャリテをお願いしております

プチ前菜はアニョーのリエットと手作りハム
前菜のフォアグラは表面をキャラメリーゼのひと手間をかけた絶品
杉本シェフのソースのセンスは僕の味覚が美味しいと感じる味です

1つ目のお魚料理のテナガエビは、もうプリプリ!
焼いてバターレモンのテナガエビも美味しかったのですが
今回の絶妙なプリプリは素材がいいからなのか?火の通し加減が絶妙なのか?
とにかく、食感が最高でした

今度は久しぶりにソースアメリケーヌを使った一品もお願いしたいものです

甲殻類アレルギーの真紀ちゃんはカツオを使った一品
ここでも手を抜かないで本格的な一品考えてくださるシェフに感謝

栗のスープにメープル味のクルトンをのせたものも
はじめての味で、底にある薄く切った栗のシロップ漬けで満足感アップ

そして今回の目的の鱧松が登場
相変わらずのコンソメは絶品で
大きな鱧と松茸だけでなく、ホタテの貝柱も入っていました
じっくりと蒸し上げたこの料理は
和食の鱧松とは違いますがとにかく美味しいです

お口直しの後は
最高級の近江牛のフィレとロースの食べ比べです
お店自体が肉屋もしているので
最高の素材なのでしょうが
杉本シェフの火入れ具合が最高です
そして肉にかかっているトリフのソース(ソースペリグー?)は、
僕の中のナンバーワンです


これだけでもお腹いっぱいなのに
口直しのデザートが何度も出てきて、
しめのクリームブリュレを食べ終わったときには
「もう晩御飯はいらない〜」となりました

フレンチでお腹いっぱいになるって
ここの店以外ではないです〜

いつもいつも、美味しい料理を作ってくださる
杉本学シェフに感謝いたします


926滋賀1

926滋賀2