コメンテーターの雑談はいい加減すぎるのがよくわかったわ〜

5月6日

朝食時、とりあえずつけてあったTVで
あしたのジョーのライバル、力石徹が「どちらかといえば悪役」と紹介されてびっくり!

いやいや、力石は超エリートボクサーで悪役のかけらもないですよ〜

力石を悪役といったのが、とくダネ!の小倉さんだったから信じられないくらいにびっくり!

というのは、若い人は知らないのかもしれませんが、
おっさんたちの多くは、あしたのジョーに熱中したことがあるはず

その人気の程度は、今流行ってる、鬼滅の刃どころではなかったです!
力石が死んだときはお葬式まで行われて、信じられないくらいのファンが集ってました!

子供だった僕ですら漫画もTVも映画も何度も見ております。
力石が減量のため、水道の蛇口を針金で縛ってまでして水を飲まない場面は子供心に衝撃でした!

小倉さんは僕以上にバッチリ世代のはず・・・なのですが?
おじさんたちは、力石を悪役なんて口が裂けても言えません!


今でもあしたのジョーを全巻持っております!
減量した力石

力石

あしたのジョーでいちばん有名な絵
矢吹


飲酒習慣のない人間がたまに飲む酒

5月1日

スポーツクラブが休館なのでストレスが溜まっております。
仕方がないのでジョギングしたら、足首を捻挫してしまいました・・・
上から押すと強烈に痛む部分があるので、骨折線があるのかもしれません。

ということで、軽くウォーキングすることしかできないため、時間が余るので早めの夕食をたべております。
普段と違いのんびりした気分になるので、軽くアルコールも飲んでおります。

日本酒は色々と試したけれど、それほど飲みたいともおもわず、
泡盛も沖縄で飲むほど美味しいともおもわず、
結局、安いワインとレモンサワーの素をかわりばんこに嗜んでおります。

このレモンサワーの素が妙に美味しくて
生のレモンの荒々しさがないといいますか、とにかく気に入りました。

アルコールを飲みながら、アマゾンプライムのエレメンタリーの続きを見るのですが、
ついうとうとしてしまい、1話見るのに何日もかかっております。

デイリーアルコール

コロナワクチン進展してるのかも

4月29日

日本語の新型コロナ情報はどうも事実というよりも学者先生の意見ばかりですし、
声の大きい先生の意見ばかりがヒットしてきてバイアスがかかりまくりの気がします。

といって、英語の情報を読んでも、胡散臭いのかどうかを感じ取る英語力もないのですが、
論文ならある程度の質は担保できていると思い、大学時代を思い出して検索してちょこちょこ眺めてます。

先程、検索でヒットしてきたレポートでは、サルに対してですが新型コロナウィルスに効果のあるワクチンができたようです。7日でウィルスが検出されなくなったとのこと。

ScienceのNewsに掲載されているので、まあインチキ情報ではないと思います。
早くワクチンができますように。

COVID-19 vaccine protects monkeys from new coronavirus, Chinese biotech reports
By Jon Cohen Apr. 23, 2020


The monkeys given the highest dose of vaccine had the best response: Seven days after the animals received the virus, researchers could not detect it in the pharynx or lungs of any of them.


経営者としての仕事

4月29日

歯科医院の代表としては経営者としても色々と考えなければいけません。
しかし、歯学部で医院経営などという科目は0
そこで、当院では経営の専門家と労務関係の専門家にそれぞれ顧問として、助けてもらっております。

お二人とも動きが早く、経営の専門家には医院を継続していくための手を打ってもらいました。
わかりやすい表で、具体的に僕がどう動けばよいのかを示してくれて助かりました。

そして今日は労務関係の専門家がオンラインセミナーを開催してくださるとのことで、
初めて、今流行りのZOOMをインストールしてセミナーを受講しました。

休業手当や雇用助成金について色々と説明をしていただきました。

何も知らなければ不安になりますが、
いざというときに相談できる専門家がいるという安心感は、今回のようなときにこそ強く感じております。

しかし、セミナーを聞いて思ったのは、助成金の申請は個人で行うのは100%無理やわ〜
といって、なにか間違いがあった場合には作成した社会保険労務士も連帯責任になるらしく、
専門家も申請の手伝いを尻込みしているらしいです・・・

オンラインセミナー



医療機関とはどうあるべきか考えさせられました。

4月25日

「他院で作った義歯を外そうとしたら、途中で引っかかってしまって困っている」と電話がありました。
すぐになんとかしてして欲しいとのことですが、救急患者のアポイントが数名入っていたため、
大阪大学歯学部附属病院か箕面歯科医師会の救急担当に相談したほうが良いと指示しました。

しばらくして「大阪大学歯学部附属病院では現在患者を受け入れないことになっている」と拒否されたらしく、口を閉じることができないと途方に暮れてまた連絡がありました。

しかたがないので来院してもらい、僕は手が離せないので、ベテラン衛生士が口腔内を確認すると、
ノンクラスプデンチャーのアームが変な方向で歯間に食い込んでしまっており、動かすのも痛いようでした。

衛生士がなんとか外すと、患者さんは大喜びでした。
そして「こんなに嬉しいことはない」と焼き菓子の詰め合わせを差し入れに来てくれました。

当院の矯正担当の先生は、今まで一度も腫れたことのない上顎の親知らずに炎症が起こり、あれよあれよと言う間に蜂窩織炎に移行して縦隔にまで波及したそうです。

何も飲み込むことができないので、危険だと判断して医療機関を受診するも、どこも受け入れてくれず、とりあえず、応急処置で抗生剤だけはくれるそうですが、どの抗生剤も効果がなく、症状がドンドン悪化してきて死を覚悟したそうです。

最後に行った池田市民病院でなんとか点滴で抗生剤とステロイドを投与してもらい、やっと一命をとりとめたとのこと。
その市民病院でも、あと少し体温が高ければ受け入れてもらえなかったとのこと。
まじで九死に一生を得たといっても過言ではないです。

その先生曰く「医療機関で受け入れてもらえないということは、想像以上の恐怖でした。これで死ぬんだなあとまで思いました。受け入れてもらえると分かったときの安心感はすごかったです」とのこと

医療機関が今までどおり患者を受け入れるのは無理でしょうが、完全に拒否するのは絶対におかしいです。
自分の子供が死にそうになっていても「病院長からのお達しですから」と拒否できるのか?

感染予防と患者接触の折り合いをどうつけていくべきなのか、答えを探りながら進まなくてはいけません。

世間は生きている
理屈は死んでいる
勝海舟

明日は、日本一美味なチーズケーキを食べるぞ!(少しは明るい話題も欲しいものです)

4月22日

急性症状の患者さんは症状に応じて来院していただいてます。

皆さんから「こんなときにごめんね。」といっていただくのですが、
平熱で、咳などの症状のない方であれば、
診療前に患者さんに手指の消毒と、薬剤によるウガイをお願いしていますし、
われわれもグローブやフェイスマスクで防御しているのでお互いに感染のリスクは低いと思います。
気を使っていただいて恐縮です。

余談ですが、お気づきの方もおられるかもしれませんが、当院には家庭用のエアコンが見当たらないと思います。
レストランにあるような天井に埋め込まれた四角いエアコンもありません。
じつは、中央に取り付けた空気清浄システムで集中的にすべての個室(待合室も含む)をずっと換気しております。
多少は感染予防に役立っていると思います。

毎日、コメンテーターの感想ばかりの番組でうんざりです。
事実が知りたいのですが、分析しようにも今回の事象を記述疫学で分かりやすくまとめた情報にたどり着けません。
本当のことがわからないから、みんな不安になっているのですね・・・

第二次世界大戦中にイギリスのチャーチル首相が「Fact! Fact!」と怒鳴っていたという話がありますが、さすがはチャーチルということでしょうか。

さて、こんなコロナ騒動の中ですが、当院の4月生まれのスタッフのお誕生日ケーキが明日届きます。
もちろん、ハウスオブフレーバーズのチーズケーキ&レモンケーキ
当院のスタッフと色々とケーキを試しましたが、結局この味に戻ってきます。
料理記者岸朝子さんの「日本一高価、されど日本一美味」というのは本当です。
いつも頑張ってくれているスタッフの皆様、
明日は、つかの間ですがゴージャスで楽しいひとときを過ごしてくださいね

チーズケーキ4月






恒例の新人トレーニング

4月19日

現在、急患や治療の必要な方以外の予約は5月末から6月に取るようにしています。
また、キャンセル待ちの予約も取らないようにしております

そのため、空いているチェアーができており、
朝から晩まで新人がトレーニングに励んでいます。

衛生士学校での成績が本当に優秀な子を紹介してもらっているのですが、
当院の求める衛生士の技術レベルにはまだ達しておりません。

そのため、実際に手技を行い、先輩がつきっきりで修正を行います。
意識しないで体が勝手に動くまで、反復練習が続いています。

昨年は、診療後にしか練習ができませんでしたが、
今年は診療時間中にも練習ができるので、仕上がりが早くなると期待しております。

産休予定のスタッフの欠員補充にも応募があったので、
GW開けにでも見学に来てもらって、スタッフとの相性が良ければ面接しようと考えてます。

現在は守りの時期ですが、前向きに考えて、このときにしかできないことを考えて行います。

コロナ騒動が落ち着いたときには、急性症状を訴える患者さんが押し寄せてくると予想されるので、
それまでに新人が戦力となるように特訓が続きます。

昨年泣きながら練習していた萌ちゃんが、今では後輩に対して的確な指導をしているのを見ると
「真面目に努力すれば1年でここまで成長できるのか」と少し感動しております。

辻練習



コロナ騒動・次亜塩素酸水で一儲けを企む人々

4月16日

消毒薬が手に入りにくいからでしょうか、次亜塩素酸水関係のFaxやDMがバンバン届きます。
医療関係者だけでなく一般の方々も巻き込んで一儲けを企む人々が増加してきており、
先日もスーパーの入口で一般の方がお友達に「これは副作用のない消毒薬やで」と透明のボトルに入った次亜塩素酸水を指に噴霧してあげてました。
お友達も「ニオイもないし、サラッとしてるし、ええな!」といってました。

鰯の頭も信心からですな

次亜塩素酸水は10年以上前に超酸性水という名前で歯科界で話題になっておりました。
知り合いの先生も診療室に次亜塩素酸水発生装置を取り付けてました。
次亜塩素酸水の研究をされていた先生はご自宅に装置を取り付けておられました。

当時、研究されていた先生や診療室で使用していた先生のお話では
できたての次亜塩素酸水は殺菌作用があるけれど、蛋白などに触れるとすぐに還元して殺菌作用がなくなる
・光で分解されるため遮光性のあるボトルに入れなくてはいけない(保存して使用するのはほぼ無理
・配管の金属を腐食するので、本格的に使用するなら金属を使用しない配管に工事する必要がある
・余談だけれど、アトピーの息子に効果があったので使っている

ということでした

つまり「作りたての次亜塩素酸水をたっぷりと使用しないと全く無意味」
ということです
友人の先生が行った実験では、2時間で効果がなくなったそうです・・・

水自体をネット販売して、加湿器に入れて空間殺菌ができると宣伝している業者も多いですが・・・
理屈でいえばありえないと思います

コロナ騒動をネタにして患者さんの心をつかみ売上を伸ばす方法」というセミナーの案内も送られてきました
こんなときに不謹慎かと思いましたが、先生だけには稼いでいただきたいのです」だって、

なんでも商売のねたにしてしまう人間が怖いです



コロナ騒動の収束を衛生学の知識で考えてみる

4月10日

「今回のコロナ騒動はどう収束するのか?」ということをはるか昔に習った衛生学の知識で考えると、

・国民ほぼ全員がいつかは感染して抗体ができて収束(集団免疫ができて収束)
・ワクチンができて収束


になると思います。

つまり、大多数の人が抗体を獲得することがゴールです。

では、非常事態宣言を出して接触回避をするのはどのような目的があるのでしょうか?

答えはシンプルに
一気に患者数が増加して医療崩壊するのを防ぐためです

少しずつ感染者が出るのは最悪の事態ではありません
なぜなら、抗体ができるし、十分な医療を提供できるからです

なんとか、医療崩壊させないで時間稼ぎをしているうちに、
集団免疫ができて収束するか、ワクチンが開発されて収束するというゴールを
衛生学の専門家は考えていると思います。

ただ、長期間自粛要請をすることで経済活動を停滞させてしまうことは正しいのか?
ということも考えないといけません。

経済的な悩みでの自殺が、コロナ重症化の死よりも軽いと考えてはいけないからです。

塾・習い事の経営は大変みたいで話を聞くと心が痛みます

4月8日

近くのサクラの木が満開で、また寒い日が続いており風もないので長持ちしてます。
でも、人影はありません。
本当にコロナウィルスが憎いとしかいえません。

クリニックの2階にある塾の先生と話をすると、授業料の返金をおこなったとのこと。
でも、一番つらいのは4月からの新入生の申込みが全然ないことらしいです。

ギター教室の先生も、換気を良くして、生徒さんには入室時に指の消毒をさせてます
ただ、この消毒薬がもうとんでもない値段でしか手に入らないのですが、しかたがないといってました。

さらに、接触しないでいいようにネット授業も開始していました。
それだけ頑張っているのですが、かなりの数の生徒が中断ではなく、辞めてしまったそうです。

早く騒動が収束して、元の生活に戻りたいです
普通の生活が一番幸せだということをしみじみと感じます